バリー・ラシン
2018-19年度 国際ロータリー会長


ロータリアンの皆さま

 1 年前、国際ロータリー理事会は、ロータリーとその未来に向けた私たちの大志を表した新しいビジョン 声明を採択しました。「私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な 良い変化を生むために、人々が手を取り合って行動する世界を目指しています(Together, we see a world where people unite and take action to create lasting change ― across the globe, in our communities, and in ourselves.)」というものです。

 このシンプルな文章には、ロータリーの本質が凝縮されています。私たちは手を取り合います。なぜなら、 手を取り合えば、一人でいるよりもはるかに強くなれることを知っているからです。私たちは行動します。な ぜならば、夢ばかり見ているのではなく行動人だからです。私たちの活動が終了した後もずっと続く変化を生 み出すために、ロータリーは地元や世界で活動します。そして、おそらく何より大切なのは、ロータリーは自 分自身に変化を生み出すために行動するということです。より良い世界を築くだけでなく、私たち自身がより 良い人間になるために。

 フランス人作家のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリは、「船を造りたいなら、木を集めたり、木を切っ たり、任務を割り振るのではなく、果てしなく続く広大な海への切望の心を培うことから始めなさい」と言い ました。私たちは皆、望みを抱いてロータリーに入会しました。影響を及ぼしたい、世界を変えたい、自分一 人の存在よりも大きな何かの一部になりたい、という望みです。その望み、つまりより良い世界とその世界を 築くための私たちの役割のビジョンこそ、私たちのロータリー活動を支えるものです。これこそ私たちがロー タリーの会員になった理由であり、奉仕活動を行う理由であり、私が今年度のテーマに「インスピレーション になろう」を選んだ理由です。

 私は人々の暮らしを変えるような影響をもたらす活動を行うことで、ロータリーが地域社会のインスピレー ションになってほしいと思っています。今こそ、障壁を取り除き、前に踏みだす時です。自分たちのクラブの 細則を変更したり、さまざまなニーズに応える新しいクラブを結成できるようにしましょう。ローターアクト の強化に取り組み、ローターアクトクラブからロータリークラブへとスムーズに移行できるようにしましょう。 全てのロータリアンが自分にとってベストの形で奉仕活動が行えるよう、柔軟性を持たせましょう。そうすれ ば全てのロータリアンが永続的な価値を見い出せるでしょう。

 私たちがロータリーで行おうとしている持続可能な奉仕とは、私たちの活動全てを、より大きく、全世界的 な生態系の一部として捉えることです。今年度私が皆さまにお願いしたいのは、環境問題の影響に取り組むこ とで、持続可能な奉仕活動を行い、インスピレーションになってほしいということです。環境は、6 つの重点 分野全てにおいて深く関わっており、その関係は気候変動の影響が明らかになるにつれ、高まる一方です。環 境問題を6 つの重点分野と別物として捉える見方からは、もう抜け出すべきです。きれいな空気、水、大地は、 健全な地域社会にとって欠かせません。そして、私たちが求める、より良い、より健全な未来にとっても欠か せないものです。

 インスピレーションになりましょう。力を合わせれば、私たちは世界にインスピレーションを与えることが できるのです。



(RI指定記事  提供 : ロータリーの友 )
2018/07/01